スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾い物

お金を下ろそうとATMのブースに入ったら、誰かの預金通帳が3冊置きっぱなしになっていたので近くの交番に届けました。(日曜だったので行員さんはいなかったのです。)

交番へ届けると若いお巡りさんが書類を書き、拾った時刻や場所を私に尋ね、

「持ち主が3ヶ月たっても現れないと、この通帳の所有権はあなたのものになるんですけど、どうしますか?権利を放棄しますか?」

と聞いてきました。

これを聞いて、(通帳の所有権?通帳が私のものになったからってそこに書かれた残高が私のものになるわけ?ハンコがないと意味ないんじゃないの?仮にその額が私のものになるとしたら、はい喜んで頂戴します、じゃなくて、ここで『もらいます』なんて言おうものならこのお巡りさん、『見ず知らずの人間の金がほしいのかこいつは』とか思って内心軽蔑するんじゃないの?だいいち自分が稼いだわけでもないお金を、たまたま目の前に落ちていたからって、これ幸いと自分のものにするって人としてどうなんだ?『一市民として当然のことをしたまでですから』とか言いつつ穏やかな笑みを浮かべて立ち去るのがスマートな紳士淑女というものじゃないのか!)

というようなことを2秒くらいで考え、「いらないです」と答えました(^^;)

が、「落とし主が分かった場合、お礼をしたいと言われるかもしれないので、そのときはあなたの名前・住所を教えてもいいですか」という質問には迷わず「はい!」と答えてきました(おそらく、上記で私が思い浮かべたような紳士淑女はここでも「名乗るほどの者では…」と言うのだと思いますが、私はそこまで人間できてません)。

ともあれ、早く落とし主に戻るよう願っています。ハンコがないと無意味とはいっても、自分が通帳をなくしたと想像するとかなり心配になってしまいますし。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

comments

仮に置きっぱなしだったのが通帳+ハンコだったとしたら、「持ち主が3ヶ月たっても現れないと、この通帳と判子の所有権はあなたのものになるんですけど、どうしますか?」とか聞かれるんでしょうか。

通帳の所有権≠口座の所有権と思うんですが、だとしたらこのお巡りさんの言ってることって犯罪の幇助になるのでは・・・とか思ったり。
そもそも通帳→口座番号→持ち主の住所とトレースできるはずなので、お巡りさんの問い自体意味ないなぁとか。

もし拾ったのが指輪とか、現物そのものに価値があるんなら「所有権があなたのものになる」という言い方でOKなんだけどね。通帳だとよく分からないことになる(笑)。

>トレースできるはず
そうそう。だから持ち主が見つからないはずはないんだけど、お巡りさんが書いていた「拾得物を記録する書類」に「落とし主が現れなかった場合、拾ったものの所有権を得るか、放棄するか」っていう欄があって、拾い主はそこに署名しないといけないんだよね。だから「所有権うんぬん」というお巡りさんの聞き方は、この場合の定型句だったんだろうなあ。ばかばかしい質問だなーと思いつつも訊かないといけない、みたいな。

きょう警察署からお手紙が来て、通帳は無事に落とし主に戻ったそうです。一件落着(^^)

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。