久坂部羊「神の手」

北日本新聞夕刊に連載されている、久坂部羊氏の「神の手」が面白いです!
安楽死の是非を問う、社会派の小説です。

回復の見込みのない末期がんに侵され、凄まじい苦痛に襲われる21歳の青年・章太郎。

母代わりに章太郎を育ててきた伯母・晶子は連日の看病で憔悴し、章太郎とともに死のうと思い詰める。

一方、薬害脳炎訴訟の支援で忙しく、息子を省みない実母・康代。

章太郎と晶子を苦しみから救おうと、外科部長の白川は鎮痛剤、モルヒネ、あらゆる薬を使い尽くす。唯一効果があった痛み止めは、量が少なければ効かない。量を増やせは、患者の呼吸が止まる…。

まだ連載が始まって十数回ですが、ストーリーがどんどん動いていて目が離せません。

ついに章太郎を死に至らしめた白川ですが、それを知った康代がテレビ出演し「息子を医師の独断で殺された」と発言します。白川、ピンチ!康代!2回しか章太郎の見舞いに来なかったくせに何を言い出すかー!!…と、毎日夕刊を広げて一喜一憂しております。おすすめ!
スポンサーサイト

テーマ : 文学・小説 - ジャンル : 小説・文学

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析