スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Interpret this.

今月はじめに「建築物防災週間」というのがあったんですが、それは一体なんだ?と思い国土交通省のサイトを見て絶句しました。

建築物防災週間は、火災、地震、がけ崩れ等による建築物の被害や人的被害を防止し、安心して生活できる空間を確保するために、広く一般の方々を対象として、建築物に関連する防災知識の普及や、防災関係法令・制度の周知徹底を図り、建築物の防災対策の推進に寄与することを目的として、昭和35年以来毎年2回実施している。


私の頭が悪いのかもしれませんが、一回読んだだけでは何のこっちゃです。

要するに、「災害で建物が壊れて人がケガをしたり死んだりしないように、建物が頑丈かどうか検査する週間」ってことじゃないんですか?ねえねえ。

何でこんなに漢語が多いのでしょうか。ケガをするとか死ぬことを「人的被害」なんて書かれても分からないですよ。一つの文が長すぎますし、そのくせ主語がありません。最初の数語で読む気が失せそうです(それが目的なのではないかとさえ思えてきます)。

その割には「建物・遊戯施設・エレベーター お寄せください事故情報」とポップ体で書いていたり、親しみを演出するポイントがおかしいです。
スポンサーサイト

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル : 日記

comments

むーん

お役所の文章って、感情が入らないから長くて無機質な文章になるよね。
公官庁用の文書の手引きが有りますが、辞書よりそっけない。
読んでもつまらんし><

最近はいろんな「週間」があってごちゃごちゃです。
民間はどうか分かりませんが、うちの職場には今
「自殺防止週間」
のポスターが貼って有ります。
この前は情報保全週間、サイバーテロ防止週間、
交通安全週間・・・多分52週以上あると思います(´д`、)ウウウ

誤解の余地がないように言葉を選んでいくと、どんどん抽象的になるんでしょうね。法律の条文みたいです(^^;)

自殺防止週間!その週間の存在は知りませんでした。
「○○週間」って言ったもの勝ちのようなところがありますね。
日本には一体いくつの「週間」があるんでしょうかe-263

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。