スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽田からGood morning.

昨夜はちょっと夜更かししてオリンピックの開会式見てました。

ザ・アジア~って感じで見応えありましたね。

・巻物の上に黒い服の人が出てきたときはモジモジ君やるんだと思った

・孔子の弟子は最初兵馬よう(漢字が出ない)だと思った。動いたのでびびった。

・中国でやる大会に台湾が一つの地域として出てるのを見るのは何だか不思議。

・三宅アナ言い間違いが多い。


以上、感想でした。
スポンサーサイト

comments

開会式は、ザ・アジアですか。みとけばよかった。

ふぁるこん旦那さん、おはようございます。

開会式は中国の歴史をアピール!という感じでした。三大発明(紙、活版印刷、羅針盤)が登場したり、明の時代の大きな船が出てきたりで、さすが中国~と感心して見てましたNHKは親切なので、そのうち再放送があると思いますよ。

 開会式は、TVのBBCなどのニュースで見ましたが、アメリカのハリウッド映画を観ているようだと表現している局がありました。全体を見ていないので、なんとも評価できませんが、開会式の構成は開催国の「権利」ですから、その国の意図と現状が如実に反映されるものなのでしょう。切れ味で定評のあるザ・タイムズのカトゥーン(風刺漫画)欄は、さっそく、「ワン・ワールド、ワン・ドリーム」という北京オリンピックのスローガンに、「ワン・パーティ」というフレーズを付け加えたものを掲載していました。
 さて、ナツさんの文のなかに、「モジモジ君」というのがありました。ある話題との関係で、その日本語を想い出そうと努力していたのです。イギリスの新聞に、フジを中心として、日本のテレビ会社が「お笑い・コメディー」番組を激しく売り込んできているという記事が半ページくらいをさいて報道され、そのなかに、この「モジモジ君」(名前がどうしても想い出せませんでした)というコーナーがある、お笑い番組の売り込みの話が採り上げられていました。日本の「お笑い」は全般的に暴力や弱い者をいじめる場面(とくに老人差別のシーン)が多いので、モジモジ君のようなコーナーの企画は買うことができても、番組1本を買うことができないというBBCの担当者の発言を掲載していました。儒教の国でもないのに、イギリスでは老人であることを理由に老人をからかうことは、絶対に許されないようです。
 アラブから来ている留学生からは、母国で探偵物の「コナン」を見ていましたということを、よく言われます。このアニメ、殺人シーンがあるので、アニメ・コードによってイギリスでは放送が難しいかも知れません。
 

ん?羽田にいたの?出張??

ヘーゲル先生、こんばんは。

開会式を演出したチャン・イーモウ監督は「ヒーロー」などスケールの大きな歴史物を作っている人ですから、「らしい」演出だったのかなと。
イギリス人は政治風刺が好き、というのはよく聞きますが、さすがタイムズはうまいですね。開会式では子どもたちに中国の少数民族の服を着せて国家を歌い、「多様な民族が結束している中国」を印象付けようとしているようでした。が、五輪のあいだもチベットやウイグル自治区は穏やかではないようで、なかなか中国の思っているようにはいきませんね。

>日本のテレビ会社
それは知りませんでした。「モジモジ君」は昔フジでやっていた、とんねるずの番組の1コーナーでした…黒い全身タイツ?のような格好で、体でカタカナを書くという他愛ないものでした。懐かしいです。
でも日本のお笑い番組が受け入れられるのかなあ、というのは疑問ですね。女性タレントを小突いたり叩いたりするのは欧米の価値観ではダメでしょうし、大食い番組など食べ物を粗末にする番組もちょっとどうでしょうか…。「世界ふしぎ発見」のような歴史探訪ものなら、面白いかなと思いますが。
「ヴェニスの商人」の記事でユダヤ人差別の描写ができないという話が出ていましたが、イギリスは本当に差別に敏感ですよね。BBCのようなまじめな局だと、なおさら気を遣うのかもしれません。

>殺人シーン
ホームズを生んだ国でも、アニメで殺人はダメなんですね(^^;)子どもに悪影響、ということなんでしょうか。そういえばマンガの「ワンピース」は、海外で放送されるにあたって登場人物のくわえタバコがキャンディに変更になったそうです。「タバコ=かっこいい」というイメージを子どもたちに与えてはいけないんでしょうね。厳しいです。

>おっちーさん

いえ、小旅行です。
東京、横浜をうろうろしてました^^

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。