7月の近況報告

猛暑は何とかピークを過ぎたようで、ようやく過ごしやすくなりました。夜も寝苦しかったお盆ごろと比べると、かなり快適です。

さて7月ですが、

・トライアルを1つ受け、幸い合格。やったー。

・第28回アルク翻訳大賞の出版翻訳部門と実務翻訳部門に応募しました。(字幕・出版・実務の3部門があります。)

・「通訳翻訳ジャーナル」のウェブサイト「通訳翻訳ウェブマガジン」で行われている「一行翻訳コンテスト」に久しぶりに応募。2回目の敢闘賞を頂きました。(^_^)b MVP取りたい!

 この「一行翻訳コンテスト」の今回の応募作をざーっと見ていて思ったのですが、原文に書いてないことを足す人が意外と多いんだなという印象です。伝聞でもない文を「~だ。」とせずに「~だという。」にしたりとか。補わないと分かりにくい場合は補った方がいいと思うのですが、補う(というか「足す」)ことで意味が変わってしまうというのはちょっと危険だと思います。「何も足さない、何も引かない」の原則を忘れないようにしなければ。

・統計学始めました
(↑「冷やし中華はじめました」みたい。)
 医薬翻訳では、薬の効果や副作用についての文書で統計の用語が出てくることが多く、今まで「何となく難しそう」で避けていたのですが、ここが分かれば仕事の幅が広がるかもしれない!と思い少しずつ勉強を始めました。標準偏差、信頼区間、検出力などなど。
 数学の知識が要るので、文系人間には険しい道です。

完全独習 統計学入門完全独習 統計学入門
(2006/09/29)
小島 寛之

商品詳細を見る


この本は難しい数式が出て来なくて分かりやすい。初心者に優しいテキストだと思います。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析