スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働きすぎとか、休むことの大切さとか。

2011.07.17 17:31|雑記
1カ月ほど前のツイートのまとめ。


仕事では、「この仕事は自分にしかできない」と思うのは大事なことです。でも同時に、実はそうではないことを認識するのも大事ではないか、と思います。
posted at 23:16:19

なぜなら、ある仕事が特定の誰かにしかできないものであれば、その人は代わりがおらず、休めないことになるからです。
posted at 23:17:27

実際にはそんなことはありません。あなたにしかできない仕事はそうはありません。大抵の仕事は、実は他の人が代わりを務めても大して変わりはありません。もし、特定の誰かにしかできない仕事があるなら、それをやる人は人間国宝か何かでしょう。
posted at 23:19:23

誰でも、他の誰かによって置き換えられうる(replacable)と認識することは、冷めているように見えるかもしれませんが、必要なことだと私は思うのです。そう思わないと仕事に懸命になりすぎ、自分は休んではいけないと思ってしまうからです。
posted at 23:22:25

というようなことを、私は最初の会社を辞めたころから考えるようになりました。今やっている仕事は自分にしかできないものだと考えている人がいたら、言いたい。Don't take it so seriously. と。
posted at 23:24:56


この記事でも紹介しましたが、日本人は働きすぎです。真面目で責任感の強い人が多いのかもしれませんが、それで健康を損なったら何にもなりません。自分の健康を、第一に。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記

Comment

非公開コメント

| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブクログ

twitter

最近のコメント

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと

無料アクセス解析

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。