スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会と地方は違うのか。

前にも紹介したように私はツイッターでMyNewsJapan代表の渡邉正裕氏をフォローしているのですが、氏のブログを見ていて、引っ掛かる記述がありました。


僕の本は売れる場所が決まっていて、東名阪、なかでも首都圏の中核都市。とりわけ渋谷、恵比寿、品川、有楽町、池袋、新宿など、都内で若手サラリーマンがたくさん徘徊してる本屋である。逆に、地方都市でグリーやモバゲーにハマっちゃってるようなガテン系が多い街道沿いの本屋では置くだけ無駄。地方では全然減ってないんだろうな…。(新書の冷酷な「減り方競争」


渡邉氏の著作は20代から30代に向けた、キャリアや雇用をテーマにしたものが多いので、ビジネスマン(「マン」に語弊があるとすればビジネスパーソン)が多くいるところで売れるというのは分かります。しかしこの書き方は何か地方を見下していないでしょうか。これでは、「都会にいるのは(おそらくは大卒以上の)ホワイトカラーのビジネスマン」、「地方にいるのは(おそらくは高卒以下の)ブルーカラー」という風に読めますし、それに加えて「都会のホワイトカラーは本を読むが、地方のブルーカラーはケータイでゲームばかりしている」というイメージまで浮かんでしまいます。

これだけなら「単純な見方をする人だな」で終わってしまうのですが、その少し後に佐々木俊尚氏の「2011年 新聞・テレビ消滅」を読んでいたら、またしてもそうした記述に出会ってしまいました。


 私もときどき地上波のテレビでタレントがひな壇に並んでいるバラエティ番組などを見て、
「こんな番組をいったい誰が見ているんだ?地方にはまだこういう番組を見る視聴者層が存在するのだろうか?」
と疑問を抱くことがある。(23ページ)


最近のテレビ(特に芸人をひな壇に並べたバラエティ)が面白くないということはいまどき誰でも思っていることであって、地方だろうが都市部だろうが視聴者はとっくに離れているのではないかと思うのですが、この佐々木氏の書き方からは「地方在住者は程度の低い番組を喜んで見る」という偏見が感じられます。「東京からの地方見下し」です。

ただ、ここまで考えて思ったのですが、こういう見方は地方在住の人間にとってはカチンとくるものの、正しいとも間違っているとも言えないんですね。もし私がこの二人に何か言うとすれば「地方でも読書好きなホワイトカラーはいるだろうし、都市圏にもケータイでゲームしてるブルーカラーはいるだろうから、一概に地方を下に見るのはおかしい」ということになるでしょう。そして、それに対する反論としては、「そういうのは例外であって、全体的に見ればやはり地方の人間は程度が低い。それは経験から分かっている」というものが考えられます。

そうなると私は「本当にそうなのか、データを出して下さい」と求めることになると思うのですが、それを出そうとすると(1)都市と地方の境界線はどこか、(2)ホワイトカラーとブルーカラーの境界線はどこかを決めたうえで、渡邉氏の本はどんな学歴・職業の人たちが買っているのか、ひな壇バラエティ番組はどんな人たちが見ているのかを調べる必要がありますが、そんなことはやってみるまでもなく無理です。(書いているだけで気が遠くなってきました。)

したがって、上記のような東京中心の見方は正しいとも間違っているとも判断できません。正しいとも間違っているとも実証できないことをさも事実かのように言うのは安易ではないか、ということは言えますが。

以上書いてきたことを一言で言うと「田舎をバカにするな」ということなのですが、こういう東京中心の見方に反応して記事まで書いてしまうこと自体、私自身が「地方は東京より遅れている」というコンプレックスがあることの表れなのでしょう。同時に「地方だからといって東京より遅れているということがあってはいけない」とも思っているので、地方を下に見られると「そんなことないわっ!ムキー!」となるわけです、ね。でもこれはけっこう疲れるので、私がムキーとならなくてもいいよう、人や情報の都市(おもに東京)の一極集中がもう少し改善されればな、と思います。
スポンサーサイト

comments

ケータイ小説、mixi、ミスチル、いきものがかり、aikoは地方を中心に流行ってるんですよね。
僕は田舎出身ですが田舎だと人、施設等色々刺激が少ないような気がします。
ケータイ小説などジャンクなものが流行る背景には郊外の大企業のチェーン店が幅を効かせ、どの地方でも同じ風景って言うのはある気がしますその点はアメリカと似てる気がします。老舗の古本屋、飲食店、服屋はどんどんつぶれチェーン店に飲み込まれていくんですよね、僕の県もシャーター街だらけです。
ヨーロッパなどは石造りっていうのもありますが古い街並み、職人を大事にしますからね。
僕もこれは常々考えてるテーマですが都市と田舎って難しいですね^^;、東京在住者の半分は東京以外出身ですし。
結局田舎はどこも同じ風景、考えになってしまい、大企業の思想に影響されてるんですよね。
それに対抗するには自分の地方の歴史など大事にすべきじゃないかなって思います。

田舎を馬鹿にしているのか、という点についてはコメントしませんが、「本当にそうなのか、データを出して下さい」は最初に指摘すべきポイントだと思う。
彼の文章が特にひどいのは、地方の本屋については調査さえしていない。(「だろうな・・・」と書いている)首都圏の5店舗だけ確認して、「中核都市」と書いている。「若手サラリーマンが徘徊している」のは事実かもしれないが、購入者が若手サラリーマンであるとは書いていない。

何か主張したいことがあるなら、それを裏付けるデータを示すのが当たり前なのに、それをしていない。逆に何かの主張に対する反論は、「それは正しくない」だけで十分。(間違っていることまでを主張し返す必要はない。)十把一絡げに述べている文章への反論は一つの反例で十分。それこそ、大学入試の数学 or 倫理でございます。

masaさん、コメントありがとうございます。

確かに地方は、どこへ行っても似たような風景になっているなと感じます。中心商店街が衰退して、郊外のロードサイド店がにぎわっている。お役所が出してくる中心街活性化案はたいてい的外れですしね。

それでも私はやっぱり、生まれた土地に対して理屈抜きで愛着があるので、ここで生活していきたいと思っています。日本人の1割は東京に住んでいるといっても、逆にいえば9割は東京以外に住んでいるわけですから、決して東京が日本の平均的な都市の姿ではないぞ、と思うんです。

やまだ君、コメントありがとう。

>間違っていることまでを主張し返す必要はない

あ、そうか。法学部出身なのに忘れてた(汗)。
仮に渡邉さんが、「実際に○○県の書店を○か所まわって見たが、僕の本は売れていなかった」と書いていればまだ説得力があったはずなんだよね。それをしないで、何となくの印象だけで書いているから疑問に思ってしまったんだろうなあ。

あとは、ネットで本を買う人もいっぱいいるから、リアル書店の店頭だけ見て判断するのはちょっと違うかな、という気がするね。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。