スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働時間規制に関する渡邉正裕氏のツイート

2月19日から3月7日にかけての、渡邉正裕氏(MyNewsJapan代表)のツイートを抜粋しました。渡邉氏は渡辺美樹氏支持を表明しており、それに関しては賛否あるところだと思います。ですが日本の労働時間規制があってないようなもの、ということはショッキングですし、知っておくべき問題だと思うのでUPしておきます。



@masa_mynews
月120H残業など居酒屋としては少ないほうで、しなきゃ店が潰れる。経営者は合法の範囲内でベストを尽くす。法律がおかしいから政治家になって変えたいというワタミ会長は正しい。区別つかんのかね?RT @magazine_posse 36協定特別条項でまさにワタミは月120時間残業を可能
2月19日 webから

@masa_mynews
今36協定って上限規制ないからね。労基署が指導しても従う必要なし。月200時間でも300時間でもOK。そんな状況だと長時間働かせた居酒屋ほど経営的に勝ち残れる。そういうバカな法律のもとでまっとうな競争なんかできないから政治の世界に出て法律を直したい、というワタミ会長は全く正しい。
2月19日 webから

@masa_mynews
3ヶ月120時間、1年360時間が原則(平成10年12月28日労働省告示第154号)だが、単なる原則。「届出書類の形式さえ間違っていなければ、たとえ年2千時間の残業であっても受理せざるを得ない」 http://bit.ly/hcR68w RT @terousho 上限規制ないの?
2月19日 webから

@masa_mynews
現在の法律では、労使協定を結び労基署に届け出て社員に割増し賃金を支払うなら、いくらでも残業させて良いことになってる。日本独特の罰則がない無意味なギョーセーシドー。こういうの散々みてきたワタミ氏が政治を直すしかないと考えるのはごく自然。 http://bit.ly/hcR68w
2月19日 webから





@masa_mynews
戦後日本の奇跡的な高度成長は、こういった「合法的に社員を死ぬまで働かせる仕組み」によって成し遂げられたわけです。奇跡が起きるくらいに異常な世界が、まだ放置されてることを理解すべし。就職人気企業の6割が過労死基準超え http://bit.ly/evWFfe
3月7日 webから

@masa_mynews
「時間外労働は通常単価の3倍」とかにすれば、雇用の頭数を増やすほうが合理的になるから、政策的にいくらでも雇用を増やすことはできる。だが連合は労働者全般の味方ではなく既存正社員だけの味方だから言わない。就職人気企業の6割が過労死基準超え http://bit.ly/evWFfe
3月7日 webから

@masa_mynews
渡邉正裕
大日本印刷の年1920時間残業可は、イメージどおり。薄給長時間労働の代表選手というかんじ。時給3千円でもプラス600万か。命をカネに換える仕事だな。 http://t.co/CR6RM1z 
3月7日 webから

@masa_mynews
ソニーの残業年1500時間可も、取材結果に合致する。ケータイの開発とかだと3ヵ月ごとに新製品がでて、発売日決まってるから、寮と開発室の往復生活になって、精神的に病んで、クビを吊ってしまう。同期が寮で自殺した話を取材したことがある。 http://bit.ly/i5RN1n  
3月7日 webから

@masa_mynews
NTTドコモの年1000時間オーバー可も、ケータイの新機種やimodeがらみの技術者だな。メーカーと共同開発するから。あとは電波塔の建設を管理してる人たちか。それ以外はノー残業運動に邁進。文系は特にラク。http://bit.ly/gF0jad
3月7日 webから

@masa_mynews
本当は36協定なんて経済誌や新聞が開示請求して一覧表を載せるべきなんだが、スポンサータブーで触らない。そもそも厚労省がぜんぶ公開すべき。僕は有価証券報告書への記載を義務付けろ、実残業時間や休日取得実績を開示すべし、と本の中でも書いてる。 http://bit.ly/fNVO2L 
3月7日 webから

@masa_mynews
アクセンの月100時間×6回まで、もありえない設定。だいたい労組もないのにどうやって36協定でっちあげてんだろう。労組があるコンサルなんて信用できないし。プロの仕事って時間じゃないんだから。 http://www.mynewsjapan.com/reports/1336
3月7日 webから

@masa_mynews
野村證券の月72時間×年6回ってのも、そこから先はサービスで調整してね、ってかんじ。20代の社員は暗黙の了解で朝7時までに出社だから、朝だけで毎日2時間の「残業」。
http://www.mynewsjapan.com/reports/424
3月7日 webから



太字は引用者によるものです。
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ - ジャンル : 政治・経済

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。