TVで「ファウストの悲劇」

7月に観に行ったお芝居「ファウストの悲劇」(クリストファー・マーロー作、蜷川幸雄演出)がNHK教育で放送されたので、録画して再び鑑賞しました。舞台は生で見る方が良いということは言うまでもないのだけれど、映像であらためて観ると新しい発見があったり、役者さんたちをアップで見られたりするので、これはこれでオイシイ。今回は舞台を見た後に原作(小田島雄志氏訳)を読んだので、それも踏まえて映像で観るといろいろと面白かったです。

以下、気づいたことを箇条書きで。


・河合祥一郎氏の訳は簡潔な感じですね。小田島氏の訳で読んだときに長台詞という印象があった部分が、意外と短い台詞になっていたりします。

・ファウスト博士(野村萬斎さん)、冒頭からこんなハイテンションだったのか。忘れてた。「医者になれ、ファ~ウ~ストォ~」とか「…誤りなり…だァとぅ?」とか「メフィストフェレスの知恵はその程度かァア~ン?」とか、喋り方がいちいち面白い。このあたりの興奮状態と、ラストの悲嘆との落差の付け方はさすがの力量だと思います。

・最初、扇子みたいなの持ってたんですねファウスト博士。契約のシーンではもうなくなってましたが。

・あの腕の血がどうやって出てるのか何回見ても不思議。ポタポタしたたってますもんね。

・どんだけ汗だくだメフィストフェレス。

・タンゴシーンはもう…100回観ても飽きないなこれ!

・教皇と修道士たちの会食にファウストとメフィストフェレス(勝村政信さん)が乱入する場面、ファウストのふざけっぷりが小学生並です。

・三味線BGMの挿入がかなり多い。舞台を観ているときはほとんど意識しませんでした。

・3時間近くという長いお芝居ですが、それでも原作に比べると何箇所か削られています。終盤の善天使の台詞「お前の善天使ももう立ち去るぞ、地獄の顎は大きく開いてお前を待っているぞ」と悪天使が地獄の様子をちょこっと見せる場面はあってもよかったんじゃないかと思いますが。

・シリアスな場面はもちろんしっかり引き込まれるし、コミカルな場面も良い!

・ラスト、幕を引いたメフィストフェレスが静かに十字を切ったのがちゃんと見られて良かったー。

・ヘレナ…。なぜそこにボカシをかけるかNHK。胸を出すのがテレビ的にダメだとしても、あれ男だよ?胸も作り物だよ?ボカシに加え、可能な限りヘレナの胸を映すまい映すまいとするNHKさんの努力が痛いほど伝わってきて、なんかもう……絶句。

まあとりあえず、ヘレナのボカシ以外は良いオンエアでしたー。

スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析