スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中岡慎太郎の写真

7月20日の北日本新聞社会面。歴史好きの方はちょっと心拍数が上がったのではないでしょうか。私もその一人です。幕末の志士・中岡慎太郎の付き人の子孫が富山に住んでおられ、その方が中岡の写真の原板(ネガみたいなものでしょうか)を持っていたというのです。

nakaoka01


nakaoka02


見つかったのは、このサイトで紹介されている写真の原板です。中岡慎太郎がすごくいい笑顔をしていると思います。

北日本新聞の記事には「消された女性」についての言及がまったくありませんが、上掲のサイトによれば、これを撮った写真師の保利与兵衛は「若い娘をモデルとして雇い、客と並んで写すというアイデアで評判をと」っていたそうですから、中岡の隣の女性もおそらくはモデル(もっと言うと芸者)で、中岡と特に親しかったわけではないと思います。なぜ彼女が消されたのかは推測するしかありませんが、そもそも保利与兵衛が「モデルと並んで写す」ということを始めたのは、本当に親しい関係にある男女が一緒に写真に収まるなどということは当時の価値観では非常に「はしたない」こととされていたからなのです。おそらく「彼女」を消した人(誰か分かりませんが)はすごく厳格で、武士ともあろうものが女と並んで写真に写るなんぞ軟弱極まりなーい!と考えて、その姿を塗りつぶしてしまったのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。