夏休み2日目の勉強

・昨日粗訳した、心理学と医療の文章を推敲。
・翻訳課題(文芸)を最後まで粗訳。
・"Diary of a wimpy kid"(洋書)を30ページほど読みました。

昨日、「粗い和訳のことを何と言うのか知りたい」と書きましたが、ネット上には「粗訳」という言葉が存在するのを知ったのでこれを使うことにします。(私の電子辞書には載っていませんが。)

"Diary of a wimpy kid" は文章がすごーく易しいのでどんどん読み進められ、しかも面白いです。挿絵もかわいい。「何か英語の本を読みたいけど、難しいのは読めない」という人にもお勧めです。

Diary of a Wimpy KidDiary of a Wimpy Kid
(2008/07/03)
Jeff Kinney

商品詳細を見る


この記事は250本目です
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析