筆坂秀世「政党崩壊!」の短い感想

2009.10.31 00:32|読書
帰宅途中に書店に寄ったら筆坂秀世さんが新刊を出していて、面白そうだったので買って帰りました。

まだ半分しか読んでいませんが、とりあえず内容としては、

・民主党政権は歓迎。小沢さんは政治わかってる。
・社民党はちょっとしか議席取れてないんだから、民主党に無茶言うな。
・共産党は道を見失ってる。

てな感じです。
冒頭は穏やかな語り口だったのが、中盤になると筆がのってくるのか、表現や言葉遣いが強烈になってくるのがなんか面白いです。でも全体的には平易で論旨明快、テンポもよく読みやすい。

表紙裏の写真を見て初めて知ったんですが、この人髪型変えたんですね。私は前の方が好きでしたけど。

それにしても、筆坂さんは共産党批判に全然遠慮がないですね。古巣をここまで批判するのは実は愛着の裏返しではないか、という気もするんですが。

今日はもう眠いので、このくらいで。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブクログ

twitter

最近のコメント

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと

無料アクセス解析

ページトップへ