スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振袖選び

従姉の結婚式で着る振袖を選ぶため、きのう貸衣装屋さんに行ってきました。淡い色から濃い色まで本当にたくさんの振袖があったんですが、いろいろ試着した結果、赤・黒2色の振袖とゴールドの帯にしました。かなり派手じゃないかと思ったのですが、店員さんが「結婚式ならこれくらい華やかな方がいいですよ。お呼ばれの女性は場を華やがせるという役目もありますから!」と言っていたのでそれを信じることにします。

振袖選びには若い店員さんと中年の店員さんがいろいろとアドバイスしてくれたんですが、中年の店員さんがお勧めしてくださった振袖の方が私の好みに合っていて、やはり経験の差か?と思いました。

若い店員さんはピンクや柄入りの半襟を薦めてくださったのですが、中年の店員さんは「着物にインパクトがあるから半襟はない方がいい」とアドバイス。若い店員さんが用事でその場を離れると、中年の店員さんは「もともと半襟というのは昔、着物を何枚も持っていなかった庶民の女性が襟元だけでも印象を変えて楽しもうという、ささやかなおしゃれの手段だったんです。でも今ではきれいな着物がたくさんありますから、そこへ半襟をつけると『これでもか、これでもか』という感じになってしまうんですよね」と教えてくれてなるほど~でした。おそらくお店としては半襟も貸し出した方がレンタル料が上がって得だったはずなのに、「半襟の本来の使い方」に照らしてそれを却下した彼女に敬意を感じました。

当日はうるさくならない程度に華やかに、着飾ろうと思います!
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

comments

なるほど

こんにちわ。Natsuさん。

いいですね~振袖v-364

勉強になりました。半襟秘話v-308

引き算の法則ですね。なるほどv-62

ありがとうございます。

Re: 振袖選び

金場さん、こんばんは(^^)
私もこの店員さんから聞くまで、半襟の元々の使い方って知らなくて。飾りの一つくらいに思ってました。何でも飾り立てればいいというものでもないんですよね。見せたい部分以外は逆にシンプルにする、っていうのも大事みたいです。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。