スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カ、カリフォルニアですか

2009.06.21 23:42|読書
「ささやく恋人、りきむレポーター」
著者 定延利之
発行 岩波書店、2005年

ささやく恋人、りきむレポーター 口の中の文化 (もっと知りたい! 日本語(第II期))ささやく恋人、りきむレポーター 口の中の文化 (もっと知りたい! 日本語(第II期))
(2005/07/16)
定延 利之

商品詳細を見る


何か尋ねられて思わず出る「さあ」や「えー」「あのー」といった、活字にする過程で消えてしまいがちな言葉たちを真剣に考察した本です。

特に興味深かったのは「つっかえ」や「りきみ」です。これらに着目したのは、この人が初めてではないでしょうか、私の知る限り。

例えば「世界一周に行くんです」という人に対して
「せ、世界一周ですか!」
と言うことはあっても、
「せ、かい一周ですか!」
と言うことはありません。

逆に、ある商品の在庫を尋ねられた店員が
「ざーいこー…ないですねー」
と言うことはあっても、
「ざ、在庫…ないですねー」
と言うところは想像できません。言われてみるまで気付きませんでしたが、「つっかえ方」は決まっているんですね。「自分が言おうとする言葉に集中するあまりつっかえてしまうパターンと、別のことを考えていてつっかえるパターンがある」という説明は説得力がありました。

発せられる言葉の背景にある「気持ち」まで考えて初めて、コミュニケーションとは何か、が見えてくる。著者の視点はとても面白いです。

日本語ブーム(もう下火になったのかもしれませんが)で「こんな日本語知ってますか」というような本がたくさん出ましたが、それらとは切り口の違う一冊です。
スポンサーサイト

テーマ:ことば
ジャンル:学問・文化・芸術

Comment

非公開コメント

| 2018.04 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブクログ

twitter

最近のコメント

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと

無料アクセス解析

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。