スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「だぬき」の許容範囲

2009.04.02 23:01|日本語
今日、ある文章を読んでいて「~に取り組むべきと思う」という表現がありました。私はこれ、「『だ』がない!」と気になってしまいます。「~に取り組むべきと思う」じゃないだろうか、と。

ですが、「べきと思う」で検索してみると1600万件出てきたので、「だ抜き」(仮称)を変だと思わない人も少なくないみたいです。

「べきと思う」検索結果

実際、上の文を

「だ抜き」を変と思わない人も少なくないみたいです。


と書いたら文法的に間違いか?と言われると「許容範囲かも」と思います。「変と思わない」のほうが良いとは思いますが。

「だ抜き」は「あり」なのか、「なし」なのか。許容範囲が気になります。
(が、書き言葉では「だ」を抜かないほうがいいと思います。読み手にはいろんな人がいますので。)

「~だ」というのって、形容動詞?でしたっけ。「きれいだ」「さわやかだ」「不思議だ」などがありますよね。「不思議と感じた」を「不思議と感じた」は違和感があるかどうか…
うーん、個人差がありそう。
スポンサーサイト

テーマ:ことば
ジャンル:学問・文化・芸術

Comment

非公開コメント

| 2018.04 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブクログ

twitter

最近のコメント

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと

無料アクセス解析

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。