スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダン・アリエリー「予想どおりに不合理」

ダン・アリエリー「予想どおりに不合理」(早川書房)
Dan Ariely "Predictably Irrational"

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
(2008/11/21)
ダン アリエリーDan Ariely

商品詳細を見る


 副題は「行動経済学が明かす『あなたがそれを選ぶわけ』(The Hidden Forces That Shape Our Decisions)」。多くの人がついやってしまいがちな消費行動について「なぜそのような判断を下すのか」を探った本です。

 伝統的な経済学が人を「どんなときも損得を冷静に計算して、最も利益が大きくなるように行動する」ととらえているにも関わらず、実際には私たちは「無料のおまけつき」の一言につられてたくさん買い物をしたり、ネットオークションで予定価格を超えても入札を続けたりと、損になるような判断をしていることが多いのです。
 
 行動経済学というよりは消費者心理学、消費行動学とでも読んだ方が適切ではないかと思いました。考察対象を消費行動に絞ってはいるものの、基本は心理学なので、いろんなことに当てはまる話だと思います。

 面白かったのが、プラセボ(偽薬)効果を扱った「価格の力」の章。同じ風邪薬を定価で買うのと、値引き品を買うのとでは効果が違ってくるそうです。定価で買ったグループのほうがより「薬が効いた」と感じたというんですね。

 以前、橘玲が著書(「黄金の羽根」シリーズのどれかだったと思いますが、手元にないので分かりません)の中で「自己啓発講座は料金が高いほど、参加者が『効果があった』と感じる率が高い」と書いていたんですが、これもプラセボ効果(「料金が高いのだから良い講座のはず」という思い込み)によるところが大きいのでしょう。

 高校生のころ古典の授業で、病気になるとお坊さんが呼ばれて「祈祷」をしてもらうという場面が何度かあって、祈祷の効果が出て快復することを古語では「『しるし』があった」と言い、この「しるし」は「効験」と訳しますと先生がいっていた覚えがあるんですが、私は「祈ったくらいじゃ治るわけがないのに、何を言っているんだろう」と不思議に思っていました。

 でも、病気の本人も周りの人も「祈祷で病気が治る」と信じていたら、治っちゃうかもしれないんですよね。「評判のお坊さんが来てくれたから、もう大丈夫。必ず治るよ」なんて聞かされると、そうか、それなら大丈夫だ、なんて思って、医学的には根拠がないのに治っちゃう。もちろん、すべての病人が祈祷で治っていたなんてことはないと思うんですが、治った人もいたはずなんです。まさに「信じる者は救われる」。

 幽霊体験なんかもこれに近いものがありそうですね。「あの場所は幽霊が出る」と言われて行くと、草が揺れた程度で「出たー!」と思ってしまうとか。

 その他、目を引く広告やCMは何のためにあるのか、売る側はどういう戦略を使っているのか、どんなときに誤った判断をしてしまいがちなのか…など、賢い消費者になるために知っておくべきことが多く書かれています。これを読んでから、楽天のトップページに「ポイント10倍」と書かれていても衝動買いしなくなりました(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

comments

お久しぶりです^^

何れも我慢が大事・・・次を待つか、諦めて買うか^^;
あんまり衝動買いはしないけど・・・
付加価値が別にあると物凄く触手がそそられるよねー

こんばんは(^^)
衝動買いが少ないのはうらやましいです…!
私は「このサイズは残り一枚です」みたいに、レアだぞ~と強調されると弱いです。乗せられないようにしないといけませんね~。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。