スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ドリームガールズ」

ミュージカル映画「ドリームガールズ」のサントラをツタヤで借りてきました。この映画は2年前の公開時に劇場で見たのですが、WOWOWのアカデミー賞特集で放送されていたので再度見て、曲の良さに感動したので。

最初に見たときは、アカデミー助演女優賞のジェニファー・ハドソンが新人だとは知らず「パワフルな歌手だなー」くらいに思ってました。が、あらためて見ると、新人のハドソンがリードシンガーでビヨンセがバックコーラスというのはすごい図です。そのことに無理さを感じさせないくらいハドソンの歌唱力は圧倒的。

劇中で、気落ちしているエフィ(ハドソン)に歌手仲間やマネージャーが "Family" という曲を歌うんですが、歌詞がとてもいいです。

so don't think you are going
you are not going anywhere
you are staying and taking your share
and if you get afraid again, I'll be there

we are a family
like a giant tree branching out toward the sky
we are a family
we are so much more than just you and I
we are a family
like a giant tree
growing stronger, growing wiser
we are growing free
we need you


下手なりに歌詞を和訳すると、

君はひとりじゃない
どこへ行くにも僕らが一緒
すべてを分かち合おう
不安なときはそばにいてあげる
僕らはファミリー
大空に枝を伸ばす大木のような
僕らはファミリー
君と僕だけじゃない
僕らはファミリー
大木のように伸びていく
より強く、より賢く
自由に伸びていく
それには君が必要なんだ

…という感じでしょうか。

映画の製作当時は誰も思いもよらなかったことだと思うんですが、ハドソンは昨年10月に母、兄、甥を殺されています。 "Family" なんていう歌が歌われる映画に出たあと、家族を殺されるというのは、何とも。
それを踏まえたうえでこの曲の歌詞「私たちはファミリー、君は1人じゃない」を読むと、ハドソンの境遇にあまりにも合っていて泣けてきます。



ところで、ハドソンとビヨンセの存在感でかすみがちですが、ローレル役のアニカ・ノニ・ローズは高音から低音までとてもきれいな歌声です。作中で彼女が歌っている "Patience (辛抱)" はゴスペル風で、何度も聞きたくなる温かさがあります。



I know you have questions
same ones as me
How long has it been?
How long will it be?
When will come the morning
to drive the night away?
Tell me when will come the morning
of a brighter day?

Patience, Little Sister
Patience, Little Brother
Patience, Patience
Take each other by the hand
Patience, Little Sisters
Patience, Little Brothers
Let us walk together
to the Promised Land

There's a river to cross
And a mountain to climb
Patience, Patience
It's gonna take some time


またしても下手なりに歌詞を和訳すると、

君の聞きたいことは分かってる
僕も同じことを考えていた
いつからこんな世の中になってしまったのか
いつまでこんな世の中が続くのか
夜を消し去ってくれる朝は
いつになったら訪れるのか
教えてほしい、夜明けはいつ訪れるのか
輝く日の夜明けは

くじけないで、妹よ
くじけないで、弟よ
今は辛抱のとき
互いの手を取り合おう
くじけないで、妹たちよ
くじけないで、弟たちよ
ともに歩こう
約束の地を目指して

川が行く手をふさぎ
山が立ちはだかる
今は辛抱のとき
何かが変わるには時間がかかるから

この曲は80年代に書かれたものではありますが、舞台設定は1970年代前半なので、ベトナム戦争が泥沼化してアメリカ中に厭戦気分が広がっていたころの雰囲気が前提にあります。
しかしこの歌詞、今の日本の世相にも当てはまる気がして、なんだかしみじみと口ずさんでしまいます。

ついでに書くと、日本の歌で歌詞がこれにそっくりなのが岡林信康の「友よ」です。

夜明けは近い 夜明けは近い
友よ この闇の 向こうには
友よ 輝く明日がある


これは本当にベトナム戦争のころに作られています(1968年)。70年前後の空気は日米共通したものだったのかもしれません。ちょうどこのころに学生運動が盛り上がったのも世界的な傾向でしたしね。

スポンサーサイト

テーマ : オスカー受賞 - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。