久坂部羊 「破裂」

久坂部羊(くさかべ・よう)氏の小説「破裂」を読み終えました。




ノンフィクション大賞を狙い、阪都大学病院の若手麻酔科医・江崎を通じて医療過誤の事例を集めるフリージャーナリストの松野。江崎が医療ミスについて同僚医師から聞き取りをしていると知った看護師の安倍は、江崎に相談を持ちかける。阪都大学病院で、心臓外科の助教授・香村が執刀して手術後5日で急死した男性患者の峰丘の遺族が、死因は香村の手術中のミスだとして訴訟を考えているという。

一方、厚生労働省では主任企画官の佐久間が、新たに設立する国立ネオ医療センターの副センター長に香村を抜擢しようとしていた。香村が研究中の心不全治療法「ペプタイド療法」に目をつけていたのだ。ペプタイド療法は弱った心臓の機能を劇的に回復させるかわりに、数ヶ月で心臓が破裂して急死するという致命的な欠陥があった。佐久間は高齢者人口の急激な増加を解決するため、ペプタイド療法を「奇跡の若返り療法」として宣伝し、高齢者を次々に葬ろうとしていた。




内容はかなり過激です。佐久間ら「ペプタイド療法推進派」ははっきりと、「高齢者の多くは早く、そして楽に死にたがっている。死なせてやったほうが彼らは幸福だし、高齢化問題も解決できる」と言い放ちます。ずいぶん乱暴な理屈に聞こえますが、それは高齢者医療に携わってきた著者の実感でもあるのです。身体は自由にならず、好きなことができない、用を足すのにも人の助けを借りなければならない、長寿なんて楽しくも何ともない、「若い世代に負担ばかり強いる厄介者」でいるのはつらい、それよりも早くお迎えが来てほしい、ぽっくり逝けたらいいのに―と、多くの高齢者が願っていると。

戦後、日本の医療はひたすら「生き続けること」が絶対的に良いことだと信じ、自然に死なせるべき患者まで救って平均寿命を延ばし続け、その結果が「4人に1人が高齢者」という超高齢化社会の到来だ、放っておけば日本は崩壊―文字通り「破裂」―するという佐久間の熱弁は、著者自身が高齢者医療の現場で痛いほど感じてきたことなのでしょう。

だからといって、人口調整のために特定の年齢層を人為的に死なせていいはずはありません。ここに、日本の医療が道を誤った結果生まれたジレンマがあるのです。本来、長寿は喜ぶべきことのはずだったのに、この国ではそうではなくなってしまいました。この国は今、これまで経験したことのないほどたくさんの老人を抱えてしまったために、初めての事態にどうすればいいか分からず、老人すなわち厄介者になってしまったのです。

著者は佐久間の主張に賛同しているわけではなく、むしろ佐久間を酷薄な人物として描いています。しかし、佐久間の計画を知ってそれを阻もうとする江崎も「情熱あふれる若き医師」などではなく、実は麻酔依存症。その上、認知症を発症した母親を施設に放り込んで見舞いにも行っていません。松野は正義感というよりライターとして名を上げることばかり考えていますし、香村は出世のことで頭がいっぱい。だれもが問題を抱えていますが、そうした露悪的ともいえる人間描写がかえって現実感を出しています。一切の建て前と美談を排した問題作といえるでしょう。

本作は医療過誤裁判と佐久間の人口調整計画という二つの筋から成り、どちらが主筋でどちらが脇筋なのか、また二つの筋がどう絡むのかなかなか見えてこないのが構成的にやや残念なところです。メインの筋は後者のはずなので、前者はもう少し端折ったほうがよかったのではと思いました。もちろん脇筋も、大学病院(阪大がモデル?)の封建制度のようなピラミッド構造や、医療過誤裁判の難しさをはっきりと描いていて興味深いです。これだけでもひとつの小説になりそう。

あと気になったのは、登場人物が多すぎるのではないかという点。官僚、医師、看護師、弁護士、患者、その娘、その夫、記者…とどんどん人が出てくるので、「これはもしかして、『人を出しすぎて収拾がつかなくなるパターン』か?」と心配になりました。最後は何とか収束していましたが、いらないと思えるエピソードもあったので、まだ削る余地があると思います。

終盤の江崎の台詞がなんと言っても印象的です。理想に過ぎないかもしれないけれど、だからこそこの精神を忘れては、いけない。

「安楽死を超える快適な死の実現ですか。それは無理です。医師には身に染みついた最低限の倫理があるのです。いくら傲慢で、欲の深い医師でも、目の前の命を殺すことはしません。効率や利益を優先して弱者を切り捨てるのは、官僚や企業の発想です。医師は命を救います。どんなに手間取っても、経費が高くついてもです。現場で患者の苦しみに触れたことのない人間にはわからないでしょう」

テーマがテーマだけに、作中ではっきりと解決策が示されるわけではなく(日本中が今それを模索しているのですから)、実に難しい問題だと思いますが、高齢化だけでなく幸福な生き方・死に方について考えさせられる作品です。

破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
久坂部 羊

商品詳細を見る


破裂 下 (2) (幻冬舎文庫 く 7-3)破裂 下 (2) (幻冬舎文庫 く 7-3)
(2007/08)
久坂部 羊

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析