スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イプセン「ちっちゃなエイヨルフ」

14、15日は東京に行ってきました。

品川駅にて

品川駅

「ゆずりあいましての」って何だか丁寧すぎて変な感じ。「ゆずりあってご通行ください」で十分だと思うのですが。

池袋のあうるすぽっとで、イプセン作の演劇「ちっちゃなエイヨルフ」を鑑賞しました。

ちっちゃなエイヨルフ
「表裏源内蛙合戦」で共演した高岡早紀さんからお花が。

ちっちゃなエイヨルフ
「正信」じゃなくて「政信」です。

「ちっちゃなエイヨルフ」、とてもいいお芝居でした。アルフレッド(勝村さん)とリタ(とよた真帆さん)の疲れた夫婦の雰囲気が本当に何というか、イヤーな感じなんです。お互いに何でも相手のせいにして、甘えたがって、うまくいかなくていらいらしている。そこから本音をぶつけ合って吹っ切れる、というプロセスが、ゆっくりではあるんですが見えてきました。

人物同士の距離がなかなか興味深くて、最初は夫婦やきょうだいが強く抱き合ったり手をつないだりするのに、中盤になるとそれがなくなって、一方が手をつなごうとしたり、抱き寄せようとしても相手が拒んだりします。で、最後はまた、そっと手を取る。それがストーリー展開とうまく重なっていたように思います。

ボルグハイムを演じていた野間口徹さん、純朴な雰囲気で好印象でした。調べてみたら、「容疑者 室井慎次」に出演されてたんですね。「容疑者―」は何度も見てたんですが、調べるまで分かりませんでした。野間口さんかなりイイ感じです。

野間口徹さんのブログ 「ひきこも
スポンサーサイト

テーマ : 観劇・劇評 - ジャンル : 学問・文化・芸術

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。