スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時、牧師が動いた

08年11月12日のNHK「その時歴史が動いた」がいい内容だったので感想をブログにUPしようと思っていたんですが、いつの間にか日が経ち、感想を書いたメモ帳だけがUSBメモリの中に放置されたままタイミングを逃してしまっていました。

「その時」はオバマ氏の米大統領選当選に絡めて、キング牧師(マーティン・ルーサー・キングJr. 1929~1968)の人種差別撤廃運動を取り上げたものだったんですが、ちょうど先日オバマ氏の大統領就任式がありましたので、どさくさにまぎれてUPしておきます。

私は今まで、奴隷制が終わってからも黒人差別がなくならないので黒人の間で不満が高まっていて、それをキング牧師が結集させたのかと思っていたのですが、番組を見るとどうもそうではないようでした。

バスの席やトイレが黒人と白人で別々なのを、(今から考えると全く理不尽なことなのに)黒人たちは「そういうものだ」と何となく受け入れていて、キング牧師が「これは不当な差別であり、憲法違反なんだ」と呼び掛けて初めて、権利を求めて運動を始めたそうです。

何というか、分離政策が徹底されてしまうと、差別されているほうもいつの間にかそれを不当だと感じなくなってしまうのかなあ、と。いわば、心まで奴隷になってしまう。その彼らを初めて権利意識に目覚めさせた、というのがキング牧師の偉大なゆえんなのかもしれない、と思いました。

キング牧師は暗殺されてしまいましたが、黒人の大統領が誕生したなんて知ったらびっくり仰天だろうなあ。

ちなみに、有名な "I have a dream" の演説をしたときキング牧師は35歳、これに応えて公民権法を制定したケネディ大統領は就任時44歳。そしてバラク・オバマは現在47歳。若い指導者のパワーを感じます。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。