スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

revolution

最近知ったんですが、チェ・ゲバラの映画が公開中なんですね。

昨年秋にこのブログで、若松孝二監督の連合赤軍の映画紹介したんですが、07年からやはり連合赤軍を描いた漫画「レッド」が「イブニング」で連載されてます。

つい先日(1月14日)には東大安田講堂立てこもり40周年の特別番組が日テレで放送されてました(見ませんでしたが)。何なんでしょう、この一致。革命に燃えたあのころを振り返ってみようブーム(長い)なのかなあ。

白状(?)すると、「レッド」買ってしまいました。(^^;)
最初のほうで、弘前大生の主人公が教授から「うちはやんないの?ほらあれ、バリケード、バリ封。はやってるべさ」と声を掛けられるシーンがあるんですが、あ、学生運動って「流行り」だったんだ、というのを感じさせる台詞として印象に残ってます。

1/28追記。キネマ旬報の「2008年日本映画ベスト・テン」第3位に「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」がランクインしました。個人的には秀作だと思ったので、うれしい入賞です。若松監督お疲れ様でした。来月DVDが出るそうですので、興味のある人はどうぞ。

★この記事は100本目です★
スポンサーサイト

テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ、富山県在住。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。