公私の言葉がかぶってるんです

「正反対」という意味で使われている「真逆」は割と最近の言葉だと思っていたのですが、NHKの「ことばおじさん」こと梅津正樹アナによると、元はテレビ業界の用語だそうです。

── 仲間内だけの言葉というのは若者だけの文化なのでしょうか?

梅津 実は大人も使っているんですよ。専門用語や業界用語がそうですね。例えば「真逆」や「目線」という言葉、これはテレビの照明関係者の言葉ですからね。(引用元


「目線」については、元は「カメラ目線」など、文字通り「目がどこを向いているか」を表す言葉だったのではないかと思いますが、最近では「ユーザー目線」「主婦の目線」のように「立場」や「視点」を意味したり、「上から目線」など、人の態度を言うのにも用いられています。もともと「見下す」「見下げる」のように、人を格下扱いする態度を「見る」という言葉で表していましたから、「目線」という言葉とも容易に結びついたのでしょう。

上のインタビュー記事で思い出したのが、以前読んだ野口恵子著「かなり気がかりな日本語」(集英社新書、2004年)の中の一節です。

最近の大学生がよく使うのは、テレビを見て覚えた言葉、主としてお笑いバラエティー番組から仕入れたとおぼしき言葉の数々である。……授業中に学生の意見を聞くために指名すると、「僕にふらないでくださいとか「急にふられても」などと言う。……ほかに次のようなものがある。

(授業後に呼び止めると)「約束あるんで、まきでお願いします」
(発表のときに言い間違いをした学生が)「かんじゃいました」
(学生の言葉を受けて、そのなかのあやまりをただちに指摘すると)「きついつっこみ
(すぐ前の発表者と類似した内容のことを言うとき)「前の人とかぶってるんですけど」


「巻く」「巻き」は「予定の時間よりも早く終わらせる」、「噛む」や「つっこみ」は今や説明不要。「かぶる」は「重なる」「ダブる」ですが、もとは「人物同士が画面上で重なって見える」ことを言います。ここに挙がっているもの以外だと 「ダメ出し」もテレビから広まったものでしょうか。野口氏もこの本の中で批判的に言っていますが、芸能人が楽屋の裏話のような、本来は内輪でとどめておくような話をトーク番組で面白おかしく話すようになって広まったのだと思います。

こういう隠語のような言葉を一般の人が使うことに対しては賛否あると思いますが、私が野口氏のこの本について残念に思うのは、なぜ若い人がこういう言葉を使うのかと考えるところまで行っていない点です。「レベルの低い(と著者は思っているようです)番組から知った言葉を無批判に取り入れるなんて」という憤りで終わってしまっています。

もちろん、いわゆる業界人(特にテレビ業界は華やかに見える)の言葉を使うとちょっと得意な気分になれる、カッコよく見えそう、という見栄もあるでしょう。また、友人同士で使う言葉は単に情報を伝えるだけでなく、親しい関係を保つための道具です。会話の中に共通の語彙を散りばめることで、「私たち、共有しているものがたくさんあるよね。分かりあってるよね」という確認を繰り返しているのです。テレビの業界用語を使うのは「同じ番組を見ているという共通項のある私たち」というサインではないかと私は思っています。

もっとも、野口氏が面白くないのは、こうした内輪の言葉を授業でも使うという「公私の区別のなさ」かもしれません。友人同士の会話で使うくだけた言葉と、学校の授業というパブリックな場での言葉を分けることができないというのは確かに問題です。

でもだからといって、「大学の授業ではどう話すべきか」を大学の先生が学生に手とり足とり教えないといけないのだとしたら、それもまた情けない状況だなあという気がします。
スポンサーサイト

テーマ : ことば - ジャンル : 学問・文化・芸術

早春

1ヶ月以上ブログを更新していなかったせいで、ペナルティ的な広告が出てしまいました。

先月は何というか…月始めに車の追突事故があり、怪我はなかったものの、その後何週間か頭痛があり、体調はあまり良くない状態。そして月の終わりにすごーく寒い日があり、朝は家の前が凍ってスケートリンク状態。そこで見事にすっ転んで腰を打ち、数日うめいていました。

追突に始まり、転倒に終わった2月…嗚呼。それもこれも厳冬のせい。いや、雪自体は嫌いではないのですが、やはり大変なことも多々ありますね。雪国育ちの人は凍った道でも転ばずに歩けるとか、あれ嘘です。都市伝説です。「雪国の女は色が白い」と「雪国の人は我慢強い」に匹敵する大嘘ですのでよろしく。

それでも最近は、雪もほとんど消えました。今朝撮った写真を以下に。

IMG_0094-2.jpg
氷が張ってます。奥は剱岳と猫又三山。


IMG_0099-2.jpg
霜柱も立ってます。本当に直立しているのが面白い。何でこんな形になるんだろうと思います。

IMG_0087-2.jpg
ネコヤナギ1

IMG_0092-2.jpg
ネコヤナギ2、逆光で

IMG_0100-2.jpg
つぼみほころぶ

IMG_0107-2.jpg
も一つおまけにネコヤナギ

テーマ : 季節の風景 - ジャンル : 写真

プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
ブクログ
twitter
最近のコメント
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと
無料アクセス解析