大阪に行きました

2010.11.17 23:21|旅行記
13日・14日の土日、大阪に行ってきました。

・13日

演劇「じゃじゃ馬馴らし」を鑑賞。

梅田芸術劇場
梅田芸術劇場

クリスマスツリー
クリスマスツリー
まだ1カ月以上ありますが…

・14日
大阪YMCAにて、英検の二次試験(面接)。うまく話せなかったので、たぶんダメでしょう。たこ焼き食べて、帰りました。

サンダーバードは指定席が売り切れで、自由席もかなり並んでいました。
スポンサーサイト

テーマ:日記
ジャンル:日記

英仏旅行その5 アフタヌーンティー

2010.03.25 18:44|旅行記
最終日は、アフタヌーンティーを初めて体験しました。ケンジントン宮殿の近くにある「オランジェリー」というお店です。

アフタヌーンティー


出ました、3段重ねのお皿。下からサンドイッチ、スコーン、ケーキ、エクレア(この順番で食べます)。スコーンにはクロテッドクリームという、バターと生クリームの中間のようなクリームと、ジャムを塗って食べます。イギリスでは、このクロテッドクリームとジャムのどちらを先にスコーンに塗るべきかという長い論争があり、いまだ決着を見ていないらしいです。

紅茶も美味しくて、満足!うーん、それにしてもこれはカロリーが高い。アフタヌーン・ティーをいただくにはお昼は抜かないといけませんね。

そして翌日、再びヒースロー空港へ。

空港チェックイン


荷物検査後、空港内のお店を見て回っていたのですが、全体的に高いなという印象でした。特にハロッズとか…。おみやげは空港よりも地元のスーパーで買ったほうが安上がるのでお勧めです。私は父からリクエストされていたスコッチウイスキーの小さなボトルをホテルの近くのスーパーで買いました。

滞在中は好天に恵まれ、充実した旅行になりました(^^)

英仏旅行その4 ロンドン市中

2010.03.24 13:32|旅行記
5日目以降は、再びロンドン観光です。

ダブルデッカー


ロンドンと言えば、ダブルデッカー。
オイスターカード(Suicaのようなプリペイドカード。地下鉄とバスで使えます)を使えばどこまで乗っても1£です。2階に乗ってみたかったのですが、満席だったり(2階は立ち乗り禁止)次のバス停の電光表示がなく、アナウンスだけが頼りでそれどころじゃなかったりで、結局乗れずじまいでした。

騎馬警官

もう一つ日本では見られない物が、騎馬警官。街のあちこちにいて、路地からひょこっと現れたりします。現代になぜ馬に乗っているのかは謎。スピード違反の車とか見つけたらどうするんでしょうか。馬で追いかけるのか。
写真は女性の騎馬警官。この馬、触らせてもらいましたがすごく毛並みがきれいでした。しっかり世話されてるんだろうなあ。

警察官
おまわりさん
この帽子が独特です。

グリーンパーク

ロンドンで印象的なものの一つが、公園の広さ。これはバッキンガム宮殿のすぐ近くにあるグリーンパークですが、とーっても広いです。みんなピクニックしたり寝そべったりジョギングしたり、思い思いに過ごしています。日本の街なかにもこういう広い公園があれば…と思いました。

別の日にハイドパークで昼食をとっていたところ、どこからともなくリスが現れてしばらく物欲しそうな顔で私たちを見つめていました。自分から近寄って来るところを見ると、普段から餌をもらい慣れているようです。まるで奈良の鹿。あとで姉に「公園にリスがいた」と言うと、「ロンドンのリスは日本でいうネズミみたいなものだから汚いよ」とのことでした。触らなくて良かった。

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

英仏旅行その3 パリ

2010.03.23 15:36|旅行記
3日目・4日目は1泊2日でパリへ足を伸ばしました。

セント・パンクラス駅
セント・パンクラス駅から、ユーロスターに乗ります。2時間少々でパリに着きました。

ルーブル美術館
初フランスならやはり、ルーブル美術館!

サモトラケのニケ
サモトラケのニケ。世界史の資料集に乗ってたなあ。

ミロのヴィーナス
さすが美しい、ミロのヴィーナス。

岩窟の聖母
ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」。「ダ・ヴィンチ・コード」読者は必見です。
このほか、ダヴィド「ナポレオンの戴冠」、ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」も鑑賞。

シャンゼリゼ通り
おおシャンゼリゼ♪

凱旋門
大きい!凱旋門。
凱旋門の上までのぼり、360度の眺めを楽しみました。

1泊2日ということであまりあちこち行けませんでしたが、好天に恵まれて楽しい滞在となりました。

テーマ:フランス
ジャンル:海外情報

英仏旅行 その2

2010.03.21 20:54|旅行記
2日目は午前中ヒーバー城、午後ウィンブルドンに行きました。

ヒーバー城は女王エリザベス1世の母、アン・ブーリンが少女時代を過ごしたお城。先日見た映画「ブーリン家の姉妹」が面白かったので、アンゆかりの地に行ってみよう!ということでやって来ました。

ヒーバー城01
小ぢんまりとしたお城です。城内は撮影禁止。アンがいた部屋や、彼女の自筆の書き込みがある本、夫のヘンリー8世が訪問時に使った部屋などを見ることができます。

ヒーバー城02
かわいい形にカットされている植え込み。

ヒーバー城03
スノードロップの中を歩くカモ。和む風景です。

次はウィンブルドンへ。博物館を見学した後、目玉のセンターコートへ!

ウィンブルドン01
ここが、今までテレビで見ていたセンターコート!生で見られて感激です。

ウィンブルドン02
センターコートの入り口。

ウィンブルドン03
おみやげ屋さんがあったので、キーホルダーを2つ買いました。テニスボール3£、ウィンブルドン仕様のテディベア7£也。

テーマ:イギリス
ジャンル:海外情報

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

奈津

Author:奈津
198X年生まれ。
フリーランス翻訳者。
関心は雇用(特に若い世代の)とか日本語の変遷とか。
家の周りは田んぼです。

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブクログ

twitter

最近のコメント

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

なかのひと

無料アクセス解析

ページトップへ